引佐人形劇まつり(浜松)
いなさ人形劇まつり 紹介(歴史)
人形劇まつりの経緯
 

第1回目の人形劇まつりが行われたのは平成元年のことです。

当事、マックギルさんという影絵人形劇のプロがニュージーランドからやってきて引佐町に住んでおり、町内でも公演をしていました。
マックギル&「劇団夕焼け」
マックギル影絵芝居

バーグリー牧場のページ(日本語)
現在マックギルさんはニュージーランドにお住まいです。
宿泊(ファームステイ)できます 。 (申し込みも日本語でOK)
日本人向け英語教室もあるようです。


まさにそのころ頃、時の竹下総理大臣が提唱した『ふるさと創生基金』の1億円の使い道を町民から募集したところ、“人形劇を普及したらどうか”という意見が出てきました。

この基金を使い全国から人形劇団を集め人形劇のフェスティバルを行ったのがいなさ人形劇まつりの始まりです。 当初は県の人形劇協会が行っている人形劇フェスタを引佐町に誘致するという形で行われました。

この公演が非常に好評であったため、翌年から独自の予算で行われるようになり、現在に至っております。

当事の引佐町が人形劇まつりに取り組めたのは...
 

1.マックギルさんの公演により、町民が人形劇を観る楽しさを知っていた。

2.単なる“村おこし”イベントでなく、“観劇を通じ、情緒豊かな子どもを育てたい”という住民の思いがあった。

人形劇まつり野外
いなさ人形劇まつり野外公演を見る子供たち
いなさ人形劇まつりが続けてこられたのは...
 

1.歌舞伎やひよんどり等、多くの伝統芸能が伝承されている、文化的な地域であったこと。
横尾歌舞伎少年団があり、小学校低学年から舞台に立ち、白岩・横尾地区の子供は三味線が弾ける。
最盛期には引佐町には18の芝居小屋があった。

2.いなさ人形劇まつりを見た人たちが、人形劇のおもしろさを知り、リピーターになり、さらに口コミで広げてくれた。
(人形劇が子供のためだけのものではなく大人の鑑賞に堪えうる演劇であることを知らせてくれた)


3.観るだけでなく、学校や図書館活動のグループが実際にアマチュア劇団として上演したり、
中学生を中心として町民がボランティアとして参加する等、地域住民主体のまつりとして定着してきた。

4.会場が集中しており、主要会場間は歩いて回ることが出来る(分散公演の小学校は除く)

5.無料で見られる野外ステージがあり、その周辺に町民が主体の模擬店が出て お祭りとして楽しめる。

横尾歌舞伎(開明座) 

約200年前から伝わる農村歌舞伎

横尾歌舞伎 車曳の段
菅原伝授手習鑑車曳の段
 
横尾歌舞伎少年団
横尾歌舞伎少年団 寿式三番叟 横尾歌舞伎少年団 絵本太閤記
寿式三番叟
絵本太閤記 十段目 尼崎閉居の場
中学1年生
小学2年生、6年生

いなさひよんどり(火踊り)
いなさ人形劇まつりで活躍する中学生ボランティア
寺野のひよんどり(火踊り)
活躍する中学生ボランティア
約600年前から伝承されている田楽の一種 五穀豊穣などを祈願  
今年で21回目...
 

最初のころは千人くらいの観客数だった、いなさ人形劇まつりも回を重ねるごとに、徐々にお客様が増え続け、ついに第12回には1万人を超えました。
昨年度(第16回)は1万3千人ものお客様に来ていただきました。

もはや引佐(静岡)の秋の恒例行事と云うだけではなく、日本全国の人形劇ファンが集まる日本有数の人形劇の祭典に成長しました。

毎年来ていただけるリピーターも多く、中には遠方(東北、四国)から、欠かさずきていただく方もいらっしゃいます。

また、他と比べ 観客のマナーが(観劇態度)が素晴らしいと、劇団の方にも喜んでいただいております。

日本人形劇大賞(全国人形劇団協議会・優秀人形顕彰制度)と相まって いなさ人形劇まつりに参加する事(特に日本人形劇大賞にノミネートされること) は日本の人形劇団にとって一つのステータスになりつつあるようです。

※引佐人形劇まつりの参加劇団はすべてその年活躍した劇団の中から主催者が選考の上招待しております

第17回いなさ人形劇まつり
未来に向けて・・・夢は果てしなく広がる
 

いずれは世界的な権威のあるものになれば、と思っています。

たとえばカンヌの映画祭のように、参加すること自体がなかなかできないような、この引佐をめざして世界の劇団が練習を積んでくるような、そんな国際的なものになっていかないかなあと。

ちょっと夢を語らせてもらうと、そんなことを思っています。

 
<参考>全国で人形劇のイベントが行われているが、いなさ以外で大きいのは...
 

1.長野県飯田市/飯田人形劇フェスタ(公演数や参加劇団数で一番)
いいだ人形劇フェスタ2006 視察・研修 記録 2006/08/05  実行委員会メンバーで視察してきました

2.岡山県瀬戸内市/喜之助フェスティバル

3.香川県東かがわ市/とらまる人形劇カーニバル

※規模的には、「いなさ人形劇まつり」が日本で2番目に大きいといわれています。




いなさ人形劇まつりのTOPページ